鎌ケ谷市認定低炭素住宅、外装工事実況編

鎌ケ谷で耐震等級3の家づくりハルクホームです。

 

前回の現場実況からだいぶ日が経ってしまいました

今回は、外装工事変をお伝えします!

下の写真は、2階屋根施工中です。

下葺き材の施工が終わると、洋瓦を引っ掛ける桟を等間隔に施工しています。

 

ナチュラルブラウン色、洋風な住まいにはバッチリです。

片流れの頂部には、片流れ棟を施工。

垂れ付でボリューム感がでる役物です。

 

瓦屋根は断熱性も高いし、重厚感も合って頼もしい感じがしますね。

役物部位は時間をかけて丁寧に施工しています。

 

外壁部分にいってみましょう!

外壁は透湿防水シートを施工後、通気胴縁を施工。

 

コーナーの役物からスタートします。

何枚か施工した場所を撮影しました。

大谷石調のデザインが美しいですね。

 

次回は、内部工事編をご紹介します。

 

鎌ケ谷・船橋で高耐震・高断熱・高気密の住まいをご検討なら、

体にやさしい家づくりのハルクホームまでご相談ください!!

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 定期的に開催するワークショップ「お正月アレンジ」の様子

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP