船橋市で建築中の長期優良住宅の建物、 施工中!

内外装工事施工中~長期優良住宅

船橋市で建築中の長期優良住宅の建物、
施工中ブログです。

先ずは外装工事~
透湿防水シートを施工後、通気胴縁と補助胴縁を取付けました。
外装の仕様がモルタルのため、
その胴縁の上にラスを取付けてモルタルを施工していきます。

下の写真は1回目のモルタルの施工後、
乾燥を待って2回目を施工中の写真です。
左官屋さんのコテ使い、惚れ惚れしますね。

モルタルが乾燥したら、仕上げ工事にかかります。
外装はジョリパットの小粒ロックSというパターンで施工します。

続いて内装工事~
1階は床を施工後、天井ボードを貼り壁のボードを施工中です。
この段階で、見えなくなる壁の中に下地材を入れていきます。
壁の中に下地材がある事により、後々壁に物を取付けることが出来ます。

 

2階も同じように、床を施工後、天井~壁のボード施工中です。
写真上部左側に見える丸い穴2つはエアコン用ですが、
高気密住宅のため、これらの貫通部の処理を気を付けなければいけません。

新築後、エアコンの取付と同時に穴をあける事が無いように
打ち合わせの段階でエアコンの取付位置を確定しておきます。

 

船橋市で建築中のこの建物は、
9月末に完成内覧会を予定しております。
高気密高断熱の建物を肌で感じでください!

大好評だった構造内覧会の様子はこちら

☆ハルクホームのイベント情報はこちら

船橋、鎌ケ谷で高性能住宅をお考えなら、
ハルクホームに一度ご相談ください!

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. バスルーム
  2. 開放的な吹き抜け

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP