見えなくなるからこそしっかり施工!!

こんばんは。
船橋で自然素材の注文住宅、ハルクです。

 

本日はJIO(日本住宅保証検査機構)の外装追加下地検査がありました
簡単にいえば外壁の下地となる防水紙の検査です。

通常雨水はほとんど外壁材の表面を流れ落ち
建物の内部に入ることはありません。
しかし、外壁材の隙間やシーリング材の劣化あるいは材料のひび割れ
サッシと外壁材の隙間といったわずかな隙間から
外壁材の裏側に入ることが稀に起こりうります。
防水シートはこれら外壁表面で防ぎきれなかった雨水や
内部の結露水、これらを構造体にまで達しないようにする役割があるんですflair
だから第3者検査があるんですね

さらに弊社では万全を期すために
貫通部分には専用の防水部材を用いて雨の浸入を防ぎますgood

サッシの下枠部分も雨水の侵入が懸念される場所です
だからこそここも専用部材を使用して不安を取り除きますwink

バルコニーの手すりと建物の取合い部分。
ここも雨水の侵入がよく見受けられる部分ですcoldsweats02
ここも専用の部材で処置します。

検査は問題無く終了致しました
ここも家造りにおいて重要なセクションですsign01
見えなくなる部分だからこそ
慎重にしっかりと施工をしなくてはなりませんflair

地元密着の工務店で新築・建て替え・リフォーム
快適な住まいを目指すハルクにお問い合わせお待ちしておりますdog

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. お施主様からの声
  2. I様からのサプライズ!
  3. 産業フェスティバル
  4. I様ご家族をイメージした花束

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP