数字で性能値を表すと解りやすいですよね、ハルク実況ブログ

自然素材を使って体にやさしい家づくり、

注文住宅のハルクホームですsign01

一戸建て新築工事中の実況ブログ、

船橋市西習志野の建物も大工さん登場ですsign01

土台を敷き始めましたpaper

土台の種類はこちらdown

ヒノキ材 E130 SD15 120×120×300と印字されていますね。

ここで解説book

E130とは、Eはヤング係数を示します。

ヤング係数とは、木材の強度を数値で表しています。

この数値が大きいほど強いのですが、

ヒノキのJAS基準強度がE90という事を考えれば、

E130は基準を大きく上回った強さという事ですね。

SD15とは、SDは含水率を示します。

含水率とは、水がどれくらい含まれているかを数値で表します。

SD15とは含水率が15%以下という事です。

120×120×3000とはミリ表示のため、

土台の大きさが120×120、4寸角の材で長さが3mの材を示します。

続いては断熱材sign01

こんな感じで、土台と大引きの間に断熱材を落とし込みます。

この断熱材は古紙と水発砲を利用したエコ素材で出来ています。

原材料や整形時のCO2排出量も他の断熱材と比べて少ないのと、

燃焼時に有毒ガスを発生しないので安心な断熱材です。

月末の上棟に向って順調に進行中です。

それでは。。。

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 地鎮祭祭壇
  2. 重要書類のご説明をさせていただきました
  3. 完成内覧会

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP