TRETTIO GRAD 上棟しました。

『愛着』×『性能』の家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

鎌ケ谷市東初富6丁目でTRETTIO GRAD建築中です。

今回の現場実況は土台~屋根下葺き編。

基礎工事が完了し、建て方準備の開始です。

基礎天端には、片面粘着の気密シートを取付、基礎との設置面となる土台下面にホウ酸系防蟻剤を塗布します。

土台完了後、先行足場を架け、養生ネット設置。

足場架けの翌日、材木搬入と同時に建て方開始。

2階床梁を吊り上げ、組み上げ中です。

2階床梁組完了です。

2階床梁の仕口金物を緊結後、水平構面を強くするために、28㎜の構造用合板を固定。

2階床面が完了し、2階の管柱を建て込みます。

2階柱建て込み後、小屋梁を組みを行います。

小屋梁組後、小屋束、母屋、棟木を組み上げして、屋根垂木施工です。

今回、屋根断熱のため、高さ120㎜の垂木を取付け、垂木間の厚さ120㎜の高性能断熱材を落とし込み。

下から屋根面を見上げたところです。

野地板を施工後、屋根の下葺きを行います。

下葺きを完了すとガルバリウム鋼板のタテヒラ葺きを施工します。

 

次回の現場実況はSWパネル施工をお伝えします。

 

繰り返しの地震に強く、温度差の少ない住環境をご検討でしたら、

体にやさしい家づくりの鎌ケ谷のハルクまでご相談ください。

 

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP