船橋市行田で上棟しました。

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

船橋市行田でお建て替えの家、現場実況です。

快晴の中、高性能住宅の骨組みが建ちあがりました。

 

通し柱の配置からスタートです。

数多くの管柱を建て込んだ後は、ホゾ穴加工された2階床梁を柱のホゾに合わせて組み上げます。

桝目状に2階床梁を組んでいきます。

2階床梁が組みあがると、1階の柱で建物の歪みを確認します。

柱の垂直度を確認しながら、歪みを直します。

歪みの確認が完了すると、28㎜の構造用合板を2階の床梁に固定します。

この構造用合板を固定する事により、地震力に耐える水平構面となります。

続いて、2階の管柱を建て込み、小屋梁を柱のホゾに合わせ組んでいきます。

小屋梁を全部組み上げる前に、2階外壁分の高性能パネルを搬入です。

小屋梁組が完了し、2階の柱で歪みを確認。

火打ち金物、小屋束を取付け、硬質ウレタン性の小屋断熱材を固定します。

この断熱材が外部との気密ラインになる重要な部分です。

小屋断熱パネルが完了し、母屋、棟木を組み上げ、上棟です。

上棟お餅まきの様子は別ブログでお伝えします。

次回は木工事編です。

 

『高性能』×『愛着』の家づくりなら、鎌ケ谷のハルクにご相談ください。

 

 

関連記事

施工事例

  1. ラウンジスタイルのLDK

最近の記事

  1. 船橋市行田で開催された上棟餅まき!

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP