ZEH(ゼッチ)住宅

ハルクは経済産業省資源エネルギー庁ZEHビルダー登録店です

ZEHってなに?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは『断熱』+『省エネ』+『創エネ』で、年間のエネルギーをゼロにする住まいのことです。
高断熱で快適な室温を実現しつつ、大幅にエネルギーを節約し、それでも使ってしまうエネルギーは太陽光設備などから賄うことにより、発電のために石油などの自然界から頂く『一次消費エネルギー』を年間で『ゼロ』にする住まいを『ZEH』と言います。
ハルクの提案住宅は、すべてがZEHをクリア出来る高断熱性能を標準としています。

『省エネ』から『ゼロエネ』へ

省エネからゼロエネへ
暮らしのエネルギーを家でつくる

国の省エネルギー施策では、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。これまでの省エネルギーに『創エネルギー』を追加し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い= ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしが注目されています。具体的には、建物本体を高断熱・高気密にすることにより、無駄なエネルギーの消費をおさえつつ夏は涼しく冬暖かい住まいとなり、省エネ設備(LED照明など)の利用と太陽光発電を搭載します。
これからの時代に求められるのは、このような省エネ+創エネによるゼロエネ住宅です。
ハルクもこのテーマに積極的に取り組んでいます。

太陽光発電を利用した『ゼロエネ』でかしこく暮らす

ゼロエネルギー住宅とは、建物の省エネ化+機器の高効率化により使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のことです。また、HEMSや蓄電池を用いることで、暮らしのエネルギーを最適に制御。余った電気は売電することができるため、プラス収支を実現することも可能に。自宅で電気をつくることができるため、万が一、停電が発生しても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。

売電/買電のしくみ

建物の高断熱高気密化による省エネルギー化によって、少ないエネルギーで生活する事が出来るようになりました。それでも使ってしまうエネルギーを搭載した太陽発電で賄い、余った電気は売電することが出来ます。

ZEHのメリット

住む人の健康

躯体性能が高断熱高気密化により、室内間の温度差が少ない『ヒートショック』を受けにくい健康な住まいとなります。ヒ―トショックとは、暖かい部屋との温度差で、血圧が乱高下、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険のこと。低い断熱性能による、各部屋の温度差が主な原因と言われています。家庭内で高齢者がなくなる4分の1を占めるといわれております。

水道光熱費が安い

水道光熱費の支払いが大幅に削減されます。光熱費の軽減分は、住宅ローンの繰り上げ返済や住宅のメンテナンス費のための貯蓄、教育費、家族旅行費など、さまざまに活用されており、エネルギー問題や低炭素の暮らしへの貢献はもちろん、経済的なメリットも多いです。

快適な室内環境

ZEHの外皮基準は一定の断熱性能(6地域 Ua値0.6)以下にすることが必要になります。そのため、ZEHは優れた断熱性能の住宅なり、少ない冷暖房エネルギーで家中の冷暖房が効きやすくなり、各室間での温度差が少なくなります。

PAGE TOP