バルコニー防水リフォーム

久々のブログ更新です。
なかなか更新が出来ず申し訳ありません。

今回の更新は今までのリフォームブログから少し内容を変え、ご紹介していきたいと思います。
内容はバルコニーの防水、畳の表替えリフォームです。
良い写真が撮れたので、ご紹介します。

それでは現調写真から
 
現状雨漏り等の症状はなかったのですが、コンクリートにヒビが入り、今後が心配という事で、お客様からご依頼を頂きました。
中に防水層があるとしても、ヒビが入っていると怖くなります。
大事にならない様に、事前に準備する事も大切な事です。

一緒に畳の表替えのご依頼も頂きました。

当日は午前中に畳を一度引き下げ、午後には貼り替え後の畳が戻ってきます。

それでは工事中をご紹介していきます。
 
まずは洗浄です。
際にはコケも生えていたのでキレイに掃除してから防水工事に着手です。

僕のお気に入りの写真1です
工事中は職人さんの仕事を眺め不思議そうに見ていたお施主様の息子さん。
色々と質問をされ、興味深々でした。
無邪気な姿が本当に可愛いのですhappy02
こんな風に興味を抱き、大きくなったら建築に関わるお仕事を目指して頂きたいですsmile

それでは工事に戻ります。
 
今回の防水工事はウレタン防水工事です。
上記写真は通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上にウレタン防水材を塗布することで形成される防水工法です。
特徴としましてはふくれの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を、外部に脱気させることのできる、安全で信頼性の高い工法です。
ウレタン防水層は、屋上・開放廊下・階段室、ベランダ・ルーフバルコニーなどあらゆる場所に施工されており、歩行用から運動用まで様々な仕様目的に対応できる特徴があります。
ウレタン塗膜防水の膜厚が薄い部分は、紫外線や熱により早期劣化が生じやすく、地震や気温の変化による建物の伸縮から発生する下地の挙動に追従できずに、破れ・亀裂の原因となります。
ペンキを塗るような、薄っぺらい施工では長持ちしません。
所定の材料使用料を守り、なおかつ均等に塗布することが大切です。
 

畳も新しくなってきもちいい〜(*´ω`*)
 
お気に入り写真3、4です
お客様も凄く喜んで頂けて本当に良かったです。
今回のブログ更新はここまで。
ありがとうございました。

関連記事

施工事例

  1. 夜の外観

最近の記事

  1. お施主様からの声
  2. お施主様からの声
  3. お客様からのレビュー
  4. お施主様からの声
  5. お客様の声

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP