基礎工事着手~配筋検査完了

体にやさしい家づくり、鎌ケ谷のハルクです。

 

船橋市行田で高性能住宅へお建て替えの家、現場実況ブログです。

来月の上棟に向かって、基礎工事が着工しました。

基礎工事はやり方から行います。

やり方とは、建物の配置、高さ、形状の基準となるものです。

やり方を基準に根伐の深さや建物の通りを確認して掘削していきます。

基礎の中通りもハンチ部分がありますので、掘削は所々島のような形になります。

掘削が完了すると、砕石地業を行います。

砕石転圧が完了すると防湿フィルムを被せ、捨てコンクリートの打設を行います。

捨てコンクリート打設状況を全景にて。

基礎配筋が組みあがり、配筋検査中。

基礎伏図、基礎断面図通りの施工がされているかを入念に検査して頂いております。

アンカーボルトを1本1本鉄筋に緊結を行います。

配筋検査は問題なく完了しました。

続いては、耐圧コンクリートの打設、立上りの基礎型枠、立上りコンクリートの打設となります。

随時、実況ブログでお伝え致します!

 

高耐震・高気密・高断熱で安心安全・快適な住まいづくりなら、鎌ケ谷のハルクにご相談ください!

関連記事

施工事例

最近の記事

  1. 柏市のゼロエネルギ住宅、お引渡しです

カテゴリー

月別アーカイブ

友だち追加

PAGE TOP