家族の安心安全・耐震リフォーム

耐震化の必要性

地震大国日本では、いつどこで起こるかわからない大きな地震。
下の図は、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が示された地図です。
いつか起こる地震の発生を阻止したり、的確に予知することは出来ませんが、地震に備え被害を軽減することは可能です。
住宅の『耐震化』は、財産や大切な家族を守るための有効な手段です。

※今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率地図地震調査研究推進本部「全国地震動予測地図2014年版」資料より

大地震の発生が予測される中で 耐震性に問題のある住宅は、全国で約1,000万戸と言われています。 ※平成20年国土交通省推計値
もし、住宅など建築物の 耐震化率を100%にすると、 全壊棟数や死者数が約9割も減少するという効果が示されています。

出典:中央防災会議 首都直下地震対策検討ワーキンググループ資料より

耐震リフォームが必要な住宅とは?

地震の多い日本では、大地震が起きるたび、耐震基準が見直され強化されてきました。
なかでも大幅な改正が行われたのが、1981年6月1日です。
これは1978年の宮城県沖地震を機に改正されたもので、「新耐震設計基準」(新耐震)と呼び、それ以前の基準を「旧耐震基準」(旧耐震)と呼んでいます。
さらに、1995年の阪神・淡路大震災で多くの木造住宅が倒壊した結果、2000年に木造建築物の耐震基準をより強固にする改正が行われました。

耐震改修が必要とされる住宅は、「旧耐震基準」(旧耐震)の住宅ですが、
新耐震基準をクリアしている物件も1981年に建てられたものでは、2017年現在では36年が経過しています。
経年劣化により、100%安全とは断言できない物件も出てきました。
「あのとき耐震リフォームをしておけばよかった」と後悔しないためにも、まずは耐震診断を受けてみましょう。補強工事が必要と診断された場合は、耐震リフォームを行いましょう。それが重要な防災対策になります。 耐震リフォームをお考えの方は、ぜひハルクにご相談ください。

カンタン施工で耐震リフォーム

革新の耐震リフォーム工法「アラテクト」

アラテクトの特徴

1)既存の壁の上からアラテクトシートを張るだけのカンタン施工
2)住みながらの短工期を可能にする新しい耐震改修工事
3)強さのヒミツは軽くて強い高強力繊維「アラミド繊維」

アラテクトは既存の壁を活かしてカンタンに耐震補強できる工法です。
厚さ1mm以下の軽いアラテクトシートを既存の室内壁の上から座金・ビスで固定するだけのカンタン施工で、住みながら短工期で耐震改修工事が可能です。アラテクトシートはアラミド繊維(引張強度が鉄の約7~8倍、橋脚補強や特殊クレーンのケーブルなどでの使用実績がある繊維)に樹脂を含浸させ、厚さ1mm以下の薄い板状にした耐震補強材。
アラテクトの優れた耐力は実証試験でも確認されており、木造軸組住宅の耐震改修工法としての強さが評価されています。


カンタン耐震リフォーム 『アラテクト』の詳細はこちら

インテリア感覚で耐震リフォーム「パンチくん」

パンチくんの特徴

1)インテリア感覚でしっかりと耐震リフォーム
2)取り付けはとてもカンタン!
3)選べるバリエーション

従来の耐震リフォームでは、大きな部屋がある間取りには、壁を新たにつくる必要がありました。パンチくんなら光と風が通る「透光型耐力壁」、家が暗くならない開放的な空間が実現可能に!インテリア感覚でしっかりと耐震リフォームができます。

パンチくん施工例

耐震リフォーム 『パンチくん』の詳細はこちら

PAGE TOP